新聞折込 議会報告

2017年9月 1日 (金)

議会報告78号 平成29年9月1日発行

雨や雪でも遊べる屋内子供公園 12月末にオープン予定
 子育て中の保護者の方達から要望の高かった屋内公園ですが、市がイオン六日町店のコロンバス棟の一部を借りて、12月末を目標として整備する事になりました。大変、嬉しい事です。
 約8年にわたり施設整備を求めてきましたが、当時保育園児だった私の第1子も今では中学生です。もう少しスピード感をもって市は実現してくれたらもっとよかったと思います。
 林市長が就任し1年経過せずに決断した事は評価できる事だと思います。
 
ふるさと納税制度。毎日100万円
 6月から市でも「ふるさと納税返礼品」を始めました。
 毎日、約100万円の申込みがあり8月21日現在で約8700万円の総額となっています。
 「ふるさとチョイス」というホームページでは南魚沼市は全国56番位で、県内では第2位となっています。
市内学校に不審者 市の連絡体制に問題あり!
6月22日湯沢、6月23日六日町、6月23日浦佐、6月24日浦佐「中学生にモデルにならないか?」等の声掛け事案が発生。
 7月11日夜 泉盛寺地域にて強盗事件が発生しています。
 このような状況の中で7月31日、8月1日に中之島小学校に不審者が侵入しました。
 私は7月31日の事は、8月1日に上関小学校の保護者メールで知りましたが、市内の一部の学校、保育園等には、不審者が出たという情報でさえ伝えられていませんでした。
 過去にも何回かこのような連携ミスがあり指摘しましたが、何度も繰り返さないようにシッカリと連絡・連携体制を取っていただきたいと思います。
こんな声・評価をいただいています! 
 私にあった市民からの声・評価を一部ですが掲載してみました。
 理由は、議員が何をしているのか解らない!という市民の声があるからです。
●自宅前の除雪について相談したところ、市と協議し子供の通学が安心してできるようになりました。
 フットワークが軽く相談しやすいです。
      30代 六日町在住 女性
●秋に完成のスケートパークの実現のために頑張ってくれました。
 これからも若者の声を聞いて魅力のある街を作ってくれると思います。
                  スケートボード愛好家 多数
●長年サッカーの指導者をしてますが、環境整備の実現に尽力してくれています。今後の活躍も期待しています。   サッカー少年団 某監督
 
●雨や雪の日でも遊べる屋内公園が12月末にできると聞いて子供と楽しみにしています。FMゆきぐにの放送で何度も市長との議論を聞いて早くできないかな!と応援していました。
 子育てしやすい南魚沼となるようこれからも頑張ってもらいたいです。
                   子育て奮闘中 旧大和町 女性
●4年前の中保育園廃園の市の強引な初説明会から、参加してくれていました。いろいろな議員さんが応援してくれて廃園撤回・統合保育園建設となり助かりましたが、最初から聞いてくれていた牧野議員に万歳。
                        塩沢地区 男性
●イベント開催をするため、市の施設の一画を借りる時に、しくみが解らず困っていたところ相談にのってくれ助かりました。   塩沢地区 男性
 
あとがき
 スケートパーク、全天候型子供広場については、議員の中では先頭に立って運動してきたと自負していますが、この運動をできた事は志を同じくする議員の応援・支援があってできた事だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

牧野晶議会報告第76号

南魚沼市プラチナタウン構想・・ここが心配

・市は2016年度までに自立して生活できる高齢者を首都圏などから呼び込む構想を策定し、民間の事業主体を誘致する。
・場所は国際大学周辺
・約200戸(400人)規模の住宅(マンションか戸建は未定)を造り、近隣の大学や病院と連携して教育や医療、余暇のサービスを提供し、安心して生活できるようにする。(参考としてダイヤパレス六日町が100戸のマンション)
・「プラチナタウン」構想でフィットネスクラブや介護従事者の雇用を生み人口減少の影響を和らげる。
・市の事業へのかかわりは旗振り役と整備時の道路などのインフラ整備が主体、そしてスタート後の移住者への余暇や趣味のコンテンツサービスが想定される。
私の気になる点
・計画失敗した時の負担はないのか?ララのように後で道義的責任という事で支援をしなければならないか?
市の回答・・・民間がやる事なので負担は無い。
・移住した時は健康でも後に介護等が必要となった場合の金銭的負担、施設的な負担はどうするのか?
市の回答・・・年を取れば介護が必要な人も出てくるので、介護施設もプラチナタウンの中に作る必要があると想定している。健康な人が移住してくるので、最初は施設利用者がいないので、市民が利用できる可能性がある。負担については、国の方針を待つような回答でした。
・現状でも医療、介護スタッフ不足があるが、大丈夫なのか?
市の回答・・・スタッフも呼び込む事も考えなければならない。
 上記3つは、現状での市の回答ですが、「やっぱり違った」という事のないように注視してゆきます。

高校入試について

 南魚沼市内の高校の3学級減が発表になった平成25年秋に、保護者と南魚沼市教育委員会の要望により、「旧大和町さわらび」に県の担当者が来て説明がおこなわれた。
 その時の保護者の声の要旨は「どうか翌日にある県の教育委員会で、南魚沼市の現状を話し3学級減は考え直すよう話してほしい」という事だった。
 この事に、説明者は「伝えます」と回答した。
 その後、県の教育委員会議事録で確認しようとしたが、議事録は非公開なので内容は確認できなかった。
 しかし、今年の3月に情報公開条例を使い非公開部分の議事録を手に入れ読み、3月下旬にこの時の説明者と電話で話をした。以下要約!
牧野・・・非公開部分の議事録にも南魚沼の話はなかったが、説明会の時に伝えますと言いましたよね?その時の教育委員会にも出席してないではないですか?
説明者・・・「私は教育委員会には出席しません。課長に伝えました。」

 聞いた瞬間、絶句。次の言葉が出ませんでした。
 一年前に高校受験の一次で涙を飲んだ子供は約50人。今年は10人です。こんな極端な差があっていいのか?一年で3クラス減らすのでなく、2年かけて1年目は2クラス減、2年目は1クラス減とすれば、10人づつであった。
 もう終わった事をいつまでも引っ張るなという声もあるかもしれませんが、同じ過ちを繰り返させないために!あえて書きました。

大和スマートインター24時間営業に向けて

 大和スマートインターの営業時間6:00~22:00以外は利用できません。
 営業時間外に利用をしてしまい降りれなかったという声があります。
 市は、今年度中の24時間営業化に向けて関係機関と協議調整をしています。

保護者の声!生徒の声!学校にウォシュレット

 保護者から小学校高学年や中学生にはウォシュレットが必要と言われた。なるほどと思ったので市に考えを聞いた。
 学校大規模修繕の時でないと設置は厳しいという話であったが、今では家庭でほぼ当たり前の設備でもあるので大規模改修時以外でも考えていかないといけないという回答をもらいました。
(3中学が統合する八海中学の増築される校舎にはウォシュレットが設置されます)

塩沢地域保育園と全天候型子供広場

 塩沢保育園を閉園し中保育園に統合新築する考えで市はいます。
 塩沢保育園閉園後に塩沢保育園を改装し、長岡てくてくのような施設への改装が出来ればという声が内部からチラチラと聞こえてきます。
 市長は24年度の9月議会では、2から3年のうちに子供広場を市内のどこかに設置したいといっていたが、スピード感が感じられなく残念に思う。
 「場所があればすぐにでも」と市長は言うが、狭くても仮設置でも早急に必要ですよ!

 
  

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

牧野晶議会報告75号を10/20に折込しました。

 

塩沢地区保育園整備計画について

市の方針は、1年後までに(28年度の保育園児募集時までに)以下の4案の中で方針と定員を決定し、はやければ平成30年度には新保育園を開設させたいという事です。

①塩沢保育園と中保育園の両園存続し中保育園を建替え

②中保育園廃止で塩沢保育園に統合新保育園建築

③塩沢保育園廃止で中保育園に統合新保育園建築

④中保育園、塩沢保育園の両園を廃止し新たな場所に統合新保育園整備

              以上の4案で検討。

上記4案の私なりの分析・・・保護者からいろいろな意見を聞きたいので「私の方針は書きません」

①案・・両園存続で中保育所の建替えは市は選択しないと思う。(財政面と新わかば保育園の建設により)

②案・・中保育園廃止し塩沢保育園に統合保育園を建設は、塩沢保育園の敷地が狭いので現実的に厳しい点がある。

③案・・塩沢保育園廃園し中保育園に統合保育園建設。敷地面積があり可能性有。

④案・・塩沢・中保育園の両園を廃園し統合保育園を新たな場所に建設。塩沢地域で通いやすい場所で市で所有している土地は塩沢庁舎か塩沢保育園、象さん公園です。この中で現実的に建設が可能なものは、塩沢公民館の敷地くらいだと思う。新たに保育園用地を購入するかについては時間の関係もあり厳しいように思う。

 市は昨年の混乱を教訓にし、情報をしっかり出し保護者に説明をし混乱しないようにしてゆくと言っていました。先に開催した両園保護者向けの説明会については、参加者が少なかったので、方法を考えて再度したいという考えがあるそうです。

 

都市計画見直しについて

都市計画の見直しの説明会開催のお知らせがされています

1021日六日町地域、11月に塩沢と石打地域で開催予定。

詳しくは都市計画課へ

 

「計画道路の廃止」「用途地域から無指定への変更」「無指定地域から用途指定地域の編入」などが検討されています。

 イオン周辺、六日町コメリ原信周辺、塩沢竹ノ俣から消防署周辺など、新たに用途地域への指定が検討されている地域があります。

 用途地域に指定された場合のメリットは?デメリットは?都市計画税は?

 

 

柏崎刈羽原発への対応について!特にガソリン!!

 福島事故をおこした東京電力柏崎刈羽原発の再稼動に反対です。

  そして、泉田知事の姿勢に賛成ですが、国が再稼動を進める可能性があるので、東日本大震災の時に、避難をするにも、食料を確保するにもガソリン等の燃料が無く困ったという声が市内でも、被災地でも多くありましたので燃料確保について9月議会でおこないました。

  柏崎刈羽原発に事故があったら、避難する方向は新潟方面、福島方面、糸魚川方面、関東方面の4方向になります。

 南魚沼や湯沢は、4方向のうちの最重要である関東方面の交通の要所ですし、峠があり、原発から避難する人も、原発支援に行く人も、念の為にガソリンを入れなければという心理が働くと思います。

市長答弁の要旨・・避難所や防災拠点への供給が優先される。個々で対応し確保しなければならないのが実情になると思う。販売店なども混乱すると思うので、情報収集と供給も大変だと思う。なので個々に対する確たる手立てはない。

 

南魚沼市だけで必要だという事は言えないが、県の避難計画に対し、このような視点を大切にし県との協議をしてゆく。

市には、冬季に事故があったらなどを含めて話し合いをするよう求めます。

 

不審者メールサービス スマートバード

   学校、保育園、総務課、消防署等連携は大丈夫?

 

神戸市で、小学1年生を殺害した事件がありました。

 このような事件から子供を守ると言う視点で、これまでの議員活動の中で不審者情報メールサービスの導入を求め実現をしました。今では、火災、災害、鳥獣被害情報などもメールで配信されるようになりました。

 しかし、市役所内部の連携について、疑問を感じる事例がありました。

 9月は小学校の登録者へ何回か市内不審者情報がメール配信されていますが、保育園の保護者に向けては不審者情報のメール配信がされていません。

 学校教育課に保育園等と連携しているの?と聞くと「保育園は警察から連絡行かないのかな?」という声が聞こえてきました。

 指摘後に、調整をしたようですが、なんの為のサービスかという事を考え市役所業務に取り組んでほしいと思います。

 

 

ペレットストーブ南魚沼5万円、十日町・魚沼市15万円

 近所の旅館がペレットストーブを導入した。お客さんが火を見て喜ぶ、体の芯から温まる、暖房費が節約できた。とニコニコ言っていた。

 ここの旅館は、ホールで毎日20リットルの灯油ストーブを利用していた。(20リットル×約103円=2066円くらいかかっていた)(ペレットは、1500円で1日に1袋半を使用)

 毎日1300円の経費削減効果があるという事だ。

 森林を守るため、新たな産業育成の為に市は、ペレットストーブ購入の補助金を出していますが、市民から「南魚沼市の補助金は5万円だけど、十日町、魚沼市は15万円だぞ!シッカリしろ!と言われる。がんばります!

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

議会報告第74号を4月15日に折込します。

医師・看護師 医療従事者確保を!

 南魚沼市には「南魚沼市立病院等に勤務する医療技術職員修学資金貸与条例」という看護士を目指す人を対象とした奨学金のような制度があります。

毎月最高5万円を貸して一定期間、市立病院に勤務すると返済免除になるという制度。

 

市民から、この制度について聞かれた。市の担当部署に「看護師の奨学金の資料を下さい。市のホームページで探したけど条例や規則しか載せていないが、解りやすい資料をホームページに載せてあるのか?」と、聞くと「予算の都合であんまり沢山申し込みがあっても困るから、連絡があった場合に資料を送っている」という回答をされ残念に感じた。(平成25年度のこの制度の利用者は2名という事で、更に残念に感じた。)

この姿勢に非常に残念に感じたので、管理職数名に苦言を言った。

 指摘後に市のホームページには、この制度の案内が掲載され一般会計から予算の補填をし枠が広がりましたが役所の部署毎の体質をあらためて感じた。

・ゆきぐに大和病院が赤字の為に、予算削減をしなければという体質になった。

・いつも看護士不足で求人を出している状況なのに、病院部だけで問題を抱えて解決しようとし、他部署と連携や情報交換が不足していた。

 赤字で肩身が狭かったという事で消極的な姿勢になっていたという事例ですが、「職員一人一人が市民にとって大切な事は何か?という事を第一に考えメリハリの利いた行政執行を望みます。」

東京オリンピック選手村に魚沼コシヒカリを!

 選手村で魚沼産コシヒカリが採用されれば、宣伝・消費・更なるブランドの確立につながると思い過去データをもとに推計してみた。

1964年東京オリンピック・・・・・選手数5133人  米消費量266

20082012年オリンピック・・・選手数約11000   米消費量 不明

 なので、選手数と種目数の増もあるので、2.5倍くらいとして、266俵×25000×2.5倍=約1662万円

1662万円を1年に収穫される南魚沼市産コシヒカリ40万俵で割ると1俵あたり41円。

魚沼コシの消費と価格維持につながれば安いものではないでしょうか?

 

 市議会有志で観光庁に勉強会に行った時に陳情をはじめました。

 

高校学級減について!

 今年の高校受験は、急激な学級減により涙を流した受験生が例年よりも多い事例でした。市内からの入学者の多い、六日町高校(普通)、八海高校(普通)、塩沢商工(機械)、小出高校(普通)で、各40名ずつの定員募集減でした。

秋前に学級減が発表になった後に、市教育委員会では県教育委員会に説明会の開催や抗議を申し入れましたが、4月中に改めて抗議にいくと教育長は議会で答弁しました。

県教育委員会の管理職に、今回の魚沼地域の学級減は「一度にヤリスギだ」と意見を伝えましたが、県教育委員会の回答は、生徒や保護者の視点でなく、予算と生徒数の数字を見て行政の立場で決めたというように感じました。

知事にもこの資料を直接わたしました。

市の教育委員会も突然の削減に、びっくりしていましたが、次回、同じ轍を踏まないように、県と情報交換をしてゆく方針です。

地元選出の県議も情報交換を県とシッカリしてほしいと思います。

Photo

2

 

 

 

 

あとがき

合併10周年となりました。その最初に小野塚選手の銅メダル獲得です。これほどのスタートはないと思います。

 私も議員14年目に入りました。

これからも行政に対し「片手は握手。片手はゲンコツ」の姿勢を心の柱にし活動してゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

牧野あきら議会報告を8/7に新聞折込します。

6月議会報告 安心して医療・出産できる体制作りを!
牧野・・4月から六日町病院の産婦人科医が2名になった。
市はこのような体制になっていた事を把握していなかったが、市内の医療機関との連携は非常に大切であるし、出産がしにくい地域というのは、子供を安心して産めない。そして、折角やっている様々な子育て支援だが、市民の中で市は本当に子育て支援をする気があるのかという悪いイメージとなってしまうが?

市長・・産科が2名体制になった事について県に改善のお願いと、そういう時には事前に情報を下さいと申し入れた。 県等とは、基幹病院などの医療再編では、情報交換や連絡を密にしていたが、普段の医師配置には連絡や連携がおろそかであったので、今後は定期的に医師配置の情報交換をしてゆく。

都市計画について!
市は、8月1日から都市計画の今後についてパブリックコメント(意見募集)をしています。詳細は8/1号の市報か市ホームページに掲載されています。
 今回の意見募集は28年度の用途変更や都市計画道路の見直しと廃止路線決定をするための意見収集ですので、是非、ご参加ください。
今後のスケジュール(市の予定)
今年の8月・・・パブリックコメントで意見収集
26年8月頃・・2回目のパブリックコメント
27年度・・・市民に変更点等を説明
28年度・・・変更

中学校に扇風機設置
 昨年8月におこなわれた中学生議会で、要望の強かった教室の暑さ対策ですが、全中学校の普通教室に扇風機が設置され、生徒から喜ばれています。 
 26年度、27年度で市内全小学校に設置される計画です。

南魚沼市と柏崎刈羽原発との協定について!
 科学の力で、原子力を征服してほしいという思いは強くありますが、福島第一原発事故の検証や、今後の対策、東電の姿勢を考えると、再稼動に反対です。
 しかし、国が再稼動にゴーを出す可能性があるので、南魚沼市でも事故防止・事故が起きてからの対策・課題・問題を洗い出し研究と対策をとるべきと思う。 1月に南魚沼市は、東京電力と安全協定を結びました。 (南魚沼市を含む県内の全ての自治体と東京電力が協定を結んだ)
 この協定は要約すると「県内自治体と東電で連絡会を作って、なんかあったら東京電力から事故の連絡をします。そして必要な時には意見を述べる事ができる場をつくります」という内容で、肝心の安全対策や事故時・事故後の対応について拘束力のある協定ではない。
 3月議会で市長に、市が協定を結ぶなら東電に「この部分の安全性が疑問だからどうなのか」と言ったら対応を約束してくれる協定でなければ、市民の命・生活・財産が守れないという質問をしました。
 市長の答弁要約は、今までこのような協定がなかった中で安全協定ができた事は、事故時等の課題・問題・不安の解決への議論ができる事になる第一歩であり、これからが始まりだというような答弁でした。
 7月5日に泉田知事と、東電社長が会談をしましたが、東電社長は知事の「事前了解なしに申請はしませんね」の質問についてでさえ、答えをはぐらかしていました。こんな状況で、この協定は意味があるのかとさえ思います。
 福島原発で飛散した放射性物質の引き取り先が無く除洗が進まないと言う報道を見ますが、柏崎刈羽原発で事故がないのが一番ですが、事故が起きた後に飛散し汚染された汚泥等は、立地自治体が速やかに無条件で引き取るくらいの事の、話し合いをするべきだと思う。 

市職員の給与削減
 来年の3月までの間、市職員の給与を0.8%カットする事を決定しました。
 これは、国の東日本大震災対応での、国家公務員の給与7%カットの影響です。
 「国の減額後の職員給与」と「南魚沼市の職員給与」を比較すると、南魚沼市の職員の方が、0.8%くらい高い状況となりました。
 自民党政権に変わり、全国の地方自治体に向けて、国より給与の高いところの自治体には、国からのお金を減らすぞ言い始めましたが地方の強い反発が出たため、国家公務員よりも給与が低いところには、応援するよという方針にしました。
 国の方針の中で、南魚沼市は0.8%の職員給与カットを実行しました。
 職員給与カット額は年間約2000万円になります。 市も国も職員給与は国の法律で決められていると言ってますが、「やっぱりどうとでもできるんだな」と感じた面もありますが、県内でも対応しない市町村がある中で、実施された事は良かったと思います。 

あとがき
 これから消費税を上げる議論が進んでいく。ある資料で消費税を1パーセント上げると約2兆円の税収UPと書いてあった。
 消費税を上げれば国民の購買意欲が下がるのは過去の例で証明されている。
 国・地方の公務員総人件費は35兆円と言われ、民より高いとも言われてるが、まずはここに手をつけ経済の冷え込みを押さえつつ、身を切る姿勢も大切だと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

74号その2

今秋、今泉記念館に診療所が開院予定

 今泉記念館内に、湯沢町の病院を運営している地域医療振興協会の診療所の進出が決定しました。開設日は、今年の秋を予定しています。

 六日町病院の件では、県との意思疎通に問題ありでしたが、診療所誘致成功は、よくやった!と思います。

いくつかのハードルが出てくる可能性もありますが、クリアできるように地元の議員として応援してゆきます。

 診療所が計画されているスペースには、現状では市民ギャラリーとなっておりますが、市民ギャラリーを移設する方針で、候補場所の選定中です。

3月議会一般質問報告!子育て世代の応援を!

○学童保育の運営について改善を!

 核家族化や親の離婚、勤務時間の多様化などで、働きながら子育てしている家庭が増え利用者が増えています。このような家庭を応援する事は、経済・子育て・教育面でも大切です。
・・・入所許可の連絡が3月になってもこない。もっと早く連絡すべき。
・・・土曜日の学童保育開設方針が、指導員まかせで不安定であり、旧町毎に1つか2つの拠点学童を決めて、土曜日勤務できる職員を、そこに配置したほうが安定したサービス提供ができ保護者も指導員もいいのではないか。

・・・土曜日や夏休みは朝8:00からだが7:30からの開設も検討すべき。

 市長は、調査すると答弁しましたが、早い実現を運動します。

○雨天時や冬期間でも遊べる全天候型子供広場設置を!

 市は昨年度、全天候型子供広場について市内の全保育園、幼稚園27施設の保護者にアンケートをとりました。調査対象者2062人。回答者1101人

利用したいか?

   ・・・利用したい人は、1016人で回答数の92.3%

どこの地域への設置を希望するか?

   ・・・六日町地域 483人(43.9%)

   ・・・塩沢地域  162人(14.7%)

   ・・・大和地域  140人(12.7%)

希望する日は?

   ・・・休日及び長期の休み  776人(70.5%)

   ・・・毎日、通年、年中無休 178人(16.2%)

   ・・・平日          43人( 3.9%)

開館時間は? 

   ・・・9時か10時

終了時間は?

   ・・・17時か18時    という希望が多かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

牧野晶議会報告第74号 5月15日頃に折込します。その1

5月15日に新聞折込する予定の74号を分割してUPします。

医師も妊婦も疲弊!基幹病院よ早く!

 5月初旬に先輩から知人の妊婦さんの事で電話を貰った。
 今までかかっていた産科医院さんから、六日町病院に転院をしたいと申し込んだがが断られたという事であった。

 「そんな事あるの?」と思ったが役所に確認を頼んだ。
 役所の担当も「うーん」と唸り病院に確認しますという返事であった。

 次の日、返事を聞いたら「3月まで産科医は3人体制であったが、4月から2人体制になってしまったので多少の診療調整をしているようだ」という話であった。

 市も県も、医師を確保することは非常に大変だと思うが、もっと情報共有を密にしなければ、市民も医師も守れない! 

市が産婦人科医の人数が減った事を知らなかった事は非常に残念です。

 知らなかったという事は、3人体制の堅持を県に求めれなかったという事になる。

  3人体制が2人体制になったという事は、医師の宿直など更に激務になる事だと想像する。医師の体が持つのか?さらなる後退の心配はないのか?
 妊婦さんや、これから妊娠を計画している方達も安心できる状況ではない。
 市に3人体制の復活を県に求めるよう動いています。 

 次期議会でも出産に対する市の姿勢・県との連絡体制について質問します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

牧野あきら議会報告第73号を9/26に折り込みします。

 

 現役世代を応援し、子供からお年寄りまでをシッカリ支えてゆける南魚沼市を目指し活動してゆきます。ご意見・要望等はお気軽に!

 

全天候型子供広場の設置を!

 

  市長・・・2、3年内に設置したい。

牧野・・・全天候型子供広場の設置について、市民に利用調査をしてゆくといくと過去に答弁をしたが、どのように調査するのか?

市長・・・保育児童の保護者に、他自治体の施設を利用した事があるか?利用するなら何曜日で何時頃か?などを聞いてゆきたい。

牧野・・・何年後の設置を考えているのか?

市長・・・2年から3年で設置したい。

 

 市長選が11月にあるので聞いてほしいという声が、子育て中の保護者からありましたので聞きました。

 

 2年から3年でという短期で明確な答弁が出るとは予想していませんでしたが、市長の口から飛び出しました。実現目指して市長のお尻を叩きます!!!

 

 市民会館・旧五十沢小跡地・塩沢公民館・八色の森など、私の中では市に検討させたいいくつかの候補がありますが、どこがいいと思いますか?ご意見お待ちしております。

 

 

念願の道の駅「雪あかり」オープン! 

牧野・・・念願の道の駅雪あかりが設置されたが、魚野川に川の駅設置という要望も強い。国・県に設置と河川公園化を求めてゆくべき。

市長・・・設置を求めてゆく。

牧野・・・遊具や水遊び場が大盛況だが、児童で混雑しているのでもう少し遊具を設置すべきと思うが。

市長・・・利用者等に聞いて設置を考えてゆきたい。

 

 

 

都市計画・都市計画税の今後

 今後も、都市計画税の廃止を求めてゆきます。

 市と議論の結果、24年度から税率軽減が実現できましたが、今後も廃止するよう調査・研究し市と議論をしてゆきます。

 27年度あたりに大規模店舗などの土地を、用途指定地域に指定する方針ですので、27年度までに都市計画税が廃止されるように市に求めてゆきます。

 

政改革!予算1650万円圧縮! 

       調査・研究し、今後も取り組みます!

 市は24年度から塩沢中学校と大和中学校のスクールバスの運行委託会社の選定方法を随意契約から指名競争入札へ変更しました。

 中学のスクールバスは多くのバスの台数が必要なため、大手バス会社以外は参入しにくく大手バス会社と長い期間、入札でなく随意契約となっていました。

 随意契約の全てが悪いとは思いませんが、昔と違い市内にバス会社もいくつか出来たし、中学のスクールバスもいくつかの路線があるので、大手と一括で随意契約ばかりせずに、小分けにしてでも入札するべきではないかと市に求めました。

 最初は、市の抵抗にあいましたが、時代の流れや市内の状況を粘り強く意見交換をしていると、市は検討するようになりました。

 

 市は最終的に1年毎の契約でなく、3年契約の条件とする事でバス会社にもメリットを与え入札に切り替えました。

 

 市内2社が入札した結果、今までと同じ会社が落札しましたが、委託費合計額は最低落札制限価格の約4800万円になりました。(前年の随意契約時は6450万円)

 

(大和中、塩沢中とも最低制限価格での入札があり、塩沢中については、2社で同額だった為にクジ引きで決定されました。)

 

 入札額が下がると業者のメリットが減りますが、複数年契約とする事でメリットを与え、予算圧縮に結びつけた市を評価したいと思います。

 

中学生議会開催

8/19に南魚沼市議場で中学生議会が開催されました。

(主催:青年会議所、後援:市、市教育委員会) 

 中学生からの質問は・・・

「大型ショッピングセンターの誘致を」「映画館の設置を」教室にエアコンを」「英語検定などの検定を強制的に」「スノーモービルの練習場所を」などがありました。

 様々な意見に、市長・教育長・傍聴者も真剣に聞き入っていました。

 今後も高校生・小学生なども含めて、何年かに一度は開催できればと思います 

 

私の井口一郎への評価

 現職市長に不満が無いわけではありません。

 職員給与平均509万円から5%~10%でもカットをして、税・公共料金の軽減や公共事業費、子育て支援など更なる市民サービスの向上に繋げるべきだと思いますが、市長は頑なに拒みます。

この事に対して不満があります。しかし、過去の実績や今後の政策等で市を牽引できる人材は井口一郎だと思い応援してゆきます。 

理由は・・・ 

 

 高い実務能力や国県へのパイプ(基幹病院を含めた医療体制整備や災害復旧事業など予算獲得について)

 

 過去の借金返済の実績(合併時の960億の市の借金を862億円に削減)

 

 過去の政策の実績と今後の政策への実行力

 

 評価する・しないを一つの政策で判断するべきではないと考え

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

議会報告第72号 平成24年1月15日発行

 現役世代を応援し、子供からお年寄りまでをシッカリ支えてゆける南魚沼市を目指し活動してゆきます。ご意見・要望等はお気軽に!

減税を実現!都市計画税24年度から減税!

 用途地域懸案の都市計画税の見直し条例が12月議会の議案書として市長より提案され全員賛成で可決されました。
 平成24年から現在の都市計画税率(現行0.2%)を0.1%にするという条例です。

市長の過去の発言・・・・市長は平成24年度から固定資産税の税率を現行の1.4%を1.45%にして都市計画税の現行税率0.2%を廃止にする。
 都市計画税を廃止すると約1億4000万円の税収減になります。
 この減収分を固定資産税の税率を上げて減収分を補いたいという事で「都市計画税を払っている人・法人には減税」ですが、「払っていない人・法人には増税」になりますが、今回の都市計画税の0.1%の減税では、固定資産税の0.025%の増税をしないという事です。
 私の当初の目標であった都市計画税の24年度の廃止は達成できませんでしたが、「減税をし、増税をしない」という市長提案の税率見直しへの条例改正には賛成しました。
 市長は、都市計画税の廃止については、「なるべく早めに実現してゆく」と12議会でも発言していますが、これからも早期廃止にむけて活動してゆきます。

一般質問報告
   冬期や雨天時の子供広場設置について 

 市長は1年9ヶ月前の議会で、廃校等を利用して「長岡てくてく」のような施設を5年から8年以内に、設置してゆきたいと答弁しました。
 その後の検討結果について質問しましたが、現在、検討中・いいスペースが無いという答弁しかありませんでした。今後も、設置を強く求めてゆきます。
 担当課の職員は、「長岡くてく」に視察に行ったりしていますが、まだ市長自身は行っていないという事なので、是非、視察してきて下さいと求めました。

 今泉博物館の道の駅「雪あかり」には、トランポリンや滑り台、水遊び場などの屋外遊具が設置されます。このように市も、子供の遊び場確保に向けて取り組んでいますが、さらなる拡充の為、活動してゆきます。

一般質問報告・・人件費削減について

 過去の議会で市長は、南魚沼市の職員給与は、国の人事院勧告を準拠すると答弁していました。
 しかし、今年度の職員給与0.23%の引き下げの人事院勧告は見送ると発言しました。 見送る理由は、雪害・震災・水害で、「職員が頑張ったから」「更に頑張るように」という気持ちを込めて心で決めたという答弁でした。

 民間の会社では、経営の悪化で給与を引き下げ、人員削減などをしている状況などを例に挙げて、再考を求めましたが、私の声は届きませんでした。

 人件費削減について頑張ってほしいという激励の声を頂きますが、人員削減については削減が進んでいる点はありますが、給与引き下げについては実現できずに申し訳ございません。

 市報12月1日号に、職員給与の報告が掲載されていましたが、解りにくい点もあるので、補足させていただきます。(以下は、平成20年度の資料ですが)以下は、市民の給与所得のデータです。
職員給与(20年度源泉徴収票から) 20年度新卒採用者29人と、休業、減給者等除く
300万未満・・・・・・・・・・・5人・・・0.53%
300万円以上500万円未満・・・・228人・・・24.1%
500万円以上700万円未満・・・・441人・・・46.62%
700万円以上900万円未満・・・・260人・・・27.48%
900万円以上・・・・・・・・・・12人・・・1.27%・・・・該当者は医師
注・・・誤解が無い様に書きますが、データには医師・看護士も含まれていますが私は医師・看護士の給与は高いと思っていません。医師・看護士は不足しているので若い方の条件をもっと好条件にすべきと考えています。

南魚沼市の給与収入者2万3669人
(アルバイト・パート・非正規雇用者や、
             1日しか働いていなくても源泉徴収された方も含んだ総人数)
・200万円以下         5908人  25.0%
・200万円から300万円以下  5362人  22.7%
・300万円から500万円以下  7569人  31.9%
・500万円から700万円以下  2948人  12.5%
・700万円から1000万円以下 1558人   6.6%
・1千万円以上           324人   1.3%

 多くの職員が頑張っていると思います。それでも、市内民間の給与は皆さんの半分の給与と言う事を自覚し、今後も市民の為に勤務してください。

 もし「給与に関して公務員と民間は違うから」という事で、この差を見ても何も感じない職員がいるようでしたら、給与は労働の対価ですが、その対価は市民の税で給与が出ているという事を考えて下さい。

本当に忘れられない2011年!!!!

 2011年は、大雪、地震、水害といろいろな災害がありました。そして母の急な病死もありました。結構こたえましたが、色々な方に助けられた一年だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

議会報告71号

議場に国旗・市旗掲揚を!

 全国の多くの市町村の議場では国旗・市旗が掲揚されてますし、市内学校の入学式・卒業式でも掲揚されています。

 しかし、南魚沼市の議場には、国旗・市旗が掲揚されておりません。私は、掲揚するべきと考え、何回も議会運営委員会等で求めてきましたが、一部の議員の反対でなかなか議論がかみ合いませんでした。
 私も可能であれば全員の合意のもとに、国旗・市旗の掲揚を実現してゆきたかったのですが、国旗掲揚に反対の方達の思想・理由を聞いていて、全員賛成は無理と思い9月議会で「国旗及び市旗の掲揚に関する決議」を発議し結果は賛成多数で決議されました。5名の反対者がいました。
 16日の消防団連合演習でも、国旗が掲揚されましたが、反対した議員も敬礼をしていました。「議場の国旗掲揚に反対」は、政治的なパフォーマンスという一面が感じられ非常に残念な気持ちです。 

断水防止について!
 9月の議会等では、万が一に備え非常水源をもっと確保すべきという意見が出ました。また、現在の畦地浄水場を廃止し、井戸等の水源に変更する方が、水道料が安く、安定供給できるのではないかという意見もでました。
 市では非常水源の井戸等を増やすという答弁でした。
 畦地浄水場を廃止する事に関しては、「共用開始から時間があまり経過していない施設を廃止する事は、現時点では考えた事が無い」という水道事業管理者の答弁でした。

 市は、このような答弁ですが、私は、浄水場が大規模改修等をする時には、現状維持か水源変更のどちらが水道料を安くでき、安定供給できるかを試算・検討すべきだと考えています。市に調査・試算をこれからも求めてゆきます。 

災害対応!反省点も!
 災害予防も大切だと思いますが、起きてからの対応について反省・総括が大切だと思います。
 最初の派遣要請は県が間に入っていたので、自衛隊と市の間で、情報・意思の疎通に問題があったと感じます。 災害時の市内部情報伝達・共有について問題があったとも思います。 市長とも緊急時の職員勤務体制について、顔を赤くして言い合いをした場面もありました。

災害対応!誇れる点も!

 表面で問題点を指摘しましたが、水害時や復旧査定で多くの職員が遅くまで残り対応している事も事実です。

 何より、市内で死者や大きな怪我をした方がいなかった事は、災害に対し、官民一体となり対応した結果だと思います。

9月議会一般質問報告  放射線への対応は!

 米から検出はされないだろうと思っていましたが、検出されずに安心しました。
 現在の南魚沼市の空間線量や普段生活している場所については心配していないが、放射性物質が溜まりやすいとされる側溝等については、十日町市や当市の学校、保育園の側溝等の状況を見ると対応すべき点が必要だと感じています。

 5月に個人で、放射線計を入手し小学校の側溝等を計測しましたが、高くても0.17マイクロシーベルトでした。8月下旬の十日町市のニュースを見て心配になり、5月に計測した場所を何カ所か計測したら、数字が変わらない所がほとんどでしたが、1か所だけ0.3マイクロシーベルトを超える数値が計測されました。

 10月に入り友人宅の駐車場脇の側溝汚泥を計測したところ0.5マイクロシーベルト以上の数値が計測されました。
 5月の時点で濃いところがなければ、薄まっていくので心配ないだろうと思っていましたが、水が流れずに蒸発するような所は、半減期が長いセシウムの場合は濃縮され濃くなる場所ができるという現実です。

 子供を持つ保護者から問い合わせもあったので、保護者の気持ちに応える為、市民の安全・そして市の産業への影響を考えるとシッカリ調査し対応してゆく事が南魚沼市の人・大地・産業を守ることになると思い質問しました。

牧野・・・学校等の汚泥をとった箇所は、今後も溜まりやすい傾向がでると思うが、今   後も計測が必要だと思うが。
市長・・・今後も計測する。
牧野・・・保育園、学校だけではなく市内の施設や個人宅、農地などの調査が必要だ   と思うがどうか。
市長・・・公園等は調査し問題が無かった。高いところ等があれば個別に対応する。
牧野・・・他市では食品を計測する機械を購入している自治体もある。当市でも独自   に学校給食や地場産農産物等を独自に計測するべきではないか。
市長・・・県が、個々の食品を調査している。一番放射線物質が付着しやすいと言わ   れているホウレンソウ(南魚沼産)からも出ていないし、いろいろと調査して   もらっているので現在は考えていない。

○市では、9月に予算を取り放射線測定機2台の発注を業者にしました。
○千葉、埼玉、神奈川の市町村では、側溝等の汚泥調査をする方針を打ち出している自治体もあります。柏市のような非常に高い側溝汚泥が出るとは思っていませんが、データ収集をするべきだと思います。
○給食に対しては、県が検査する方針が発表されました。検査機の納品に時間がかかる様で年度内に開始できればという県の説明でした。
○個人宅で、高い汚泥が検出された場合の対応は現時点では、国の方針は未決定です。県・東京電力にも問い合わせましたが、当面は、飛散しないように、ビニールをかける、もしくは穴を掘って埋めるなどの対応でお願いしているという説明でした。早く方針を決定するよう国県市に求めてゆきます。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)