« 2014年4月 | トップページ | 2015年4月 »

2014年10月

2014年10月21日 (火)

牧野晶議会報告75号を10/20に折込しました。

 

塩沢地区保育園整備計画について

市の方針は、1年後までに(28年度の保育園児募集時までに)以下の4案の中で方針と定員を決定し、はやければ平成30年度には新保育園を開設させたいという事です。

①塩沢保育園と中保育園の両園存続し中保育園を建替え

②中保育園廃止で塩沢保育園に統合新保育園建築

③塩沢保育園廃止で中保育園に統合新保育園建築

④中保育園、塩沢保育園の両園を廃止し新たな場所に統合新保育園整備

              以上の4案で検討。

上記4案の私なりの分析・・・保護者からいろいろな意見を聞きたいので「私の方針は書きません」

①案・・両園存続で中保育所の建替えは市は選択しないと思う。(財政面と新わかば保育園の建設により)

②案・・中保育園廃止し塩沢保育園に統合保育園を建設は、塩沢保育園の敷地が狭いので現実的に厳しい点がある。

③案・・塩沢保育園廃園し中保育園に統合保育園建設。敷地面積があり可能性有。

④案・・塩沢・中保育園の両園を廃園し統合保育園を新たな場所に建設。塩沢地域で通いやすい場所で市で所有している土地は塩沢庁舎か塩沢保育園、象さん公園です。この中で現実的に建設が可能なものは、塩沢公民館の敷地くらいだと思う。新たに保育園用地を購入するかについては時間の関係もあり厳しいように思う。

 市は昨年の混乱を教訓にし、情報をしっかり出し保護者に説明をし混乱しないようにしてゆくと言っていました。先に開催した両園保護者向けの説明会については、参加者が少なかったので、方法を考えて再度したいという考えがあるそうです。

 

都市計画見直しについて

都市計画の見直しの説明会開催のお知らせがされています

1021日六日町地域、11月に塩沢と石打地域で開催予定。

詳しくは都市計画課へ

 

「計画道路の廃止」「用途地域から無指定への変更」「無指定地域から用途指定地域の編入」などが検討されています。

 イオン周辺、六日町コメリ原信周辺、塩沢竹ノ俣から消防署周辺など、新たに用途地域への指定が検討されている地域があります。

 用途地域に指定された場合のメリットは?デメリットは?都市計画税は?

 

 

柏崎刈羽原発への対応について!特にガソリン!!

 福島事故をおこした東京電力柏崎刈羽原発の再稼動に反対です。

  そして、泉田知事の姿勢に賛成ですが、国が再稼動を進める可能性があるので、東日本大震災の時に、避難をするにも、食料を確保するにもガソリン等の燃料が無く困ったという声が市内でも、被災地でも多くありましたので燃料確保について9月議会でおこないました。

  柏崎刈羽原発に事故があったら、避難する方向は新潟方面、福島方面、糸魚川方面、関東方面の4方向になります。

 南魚沼や湯沢は、4方向のうちの最重要である関東方面の交通の要所ですし、峠があり、原発から避難する人も、原発支援に行く人も、念の為にガソリンを入れなければという心理が働くと思います。

市長答弁の要旨・・避難所や防災拠点への供給が優先される。個々で対応し確保しなければならないのが実情になると思う。販売店なども混乱すると思うので、情報収集と供給も大変だと思う。なので個々に対する確たる手立てはない。

 

南魚沼市だけで必要だという事は言えないが、県の避難計画に対し、このような視点を大切にし県との協議をしてゆく。

市には、冬季に事故があったらなどを含めて話し合いをするよう求めます。

 

不審者メールサービス スマートバード

   学校、保育園、総務課、消防署等連携は大丈夫?

 

神戸市で、小学1年生を殺害した事件がありました。

 このような事件から子供を守ると言う視点で、これまでの議員活動の中で不審者情報メールサービスの導入を求め実現をしました。今では、火災、災害、鳥獣被害情報などもメールで配信されるようになりました。

 しかし、市役所内部の連携について、疑問を感じる事例がありました。

 9月は小学校の登録者へ何回か市内不審者情報がメール配信されていますが、保育園の保護者に向けては不審者情報のメール配信がされていません。

 学校教育課に保育園等と連携しているの?と聞くと「保育園は警察から連絡行かないのかな?」という声が聞こえてきました。

 指摘後に、調整をしたようですが、なんの為のサービスかという事を考え市役所業務に取り組んでほしいと思います。

 

 

ペレットストーブ南魚沼5万円、十日町・魚沼市15万円

 近所の旅館がペレットストーブを導入した。お客さんが火を見て喜ぶ、体の芯から温まる、暖房費が節約できた。とニコニコ言っていた。

 ここの旅館は、ホールで毎日20リットルの灯油ストーブを利用していた。(20リットル×約103円=2066円くらいかかっていた)(ペレットは、1500円で1日に1袋半を使用)

 毎日1300円の経費削減効果があるという事だ。

 森林を守るため、新たな産業育成の為に市は、ペレットストーブ購入の補助金を出していますが、市民から「南魚沼市の補助金は5万円だけど、十日町、魚沼市は15万円だぞ!シッカリしろ!と言われる。がんばります!

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2015年4月 »