« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月17日 (月)

クリミア

 クリミア情勢について、俺には理解できない事がたくさんある。

 クリミア住民が住民投票をし、ロシアかウクライナの選択をしようとしているが、EU含め文句を言っている。

 民主主義の根幹は選挙である。

 ロシアがクリミア住民を銃で脅し、ロシアに投票しないとヤッチャウヨ!ウクライナに留まるならヤッチャウよ!というのならロシアに文句を言ってもおかしくないが、新聞やテレビではそのような映像・感触はない。

 昔からの資本主義 対 社会主義 や アメリカ含むEU 対 ロシア この流れを引きずってクリミア住民をダシにしてアメリカ含むEUのワガママに感じている。

 EUとアメリカの大義は何?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

2014.3月議会通告文

◎市長の声は職員に届いているか?

事例をもって質問するが個人や担当部署を攻撃の意図はない。今回は事例を持って指摘するのが解りやすいし、市の為になると思い事例を持って質問する。

南魚沼市では医療従事学校に行く方を対象とした奨学金のような制度がある。これは1名あたり毎月最高5万円で、年間60万円。そして一定期間、市の関係病院に勤務すると返済免除になるという制度があります。

私は、この制度を知っていたが、今年に入ってから、これから看護師の道に進もうとしている方から「南魚沼市では看護師奨学金のようなものはありますか?」と聞かれた。私は「奨学金はある、そして市立病院に一定期間勤務すると返済が免除になる制度だ。ホームページに出てると思うけど、資料を市からもらって届けるよ」と言った。

 家に帰り、その制度の案内を市のホームページで探すと例規集にのっている事しか出てこないので、市の担当部署に「看護師の奨学金の資料を下さい。市のホームページで探したけど条例や規則しか載せていないと思うが、解りやすい資料をホームページに載せてあるのか?」と、問い合わせると、「連絡があったら郵送にて資料を送っています。」という答えが返ってきた。

 「市に連絡しなければ資料がもらえないのは面倒だし、条例をみて連絡する人がいるのか?解りにくいのではないか?」というように聞くと、「予算の都合であんまり沢山申し込みがあっても困るから、連絡があった場合に資料を送っている」という回答をされた。

市では、様々な分野に力を入れている中で、その中でも最重要課題の一つとして、基幹病院を含む新市立病院など医療体制の充実をあげている。市全体で医療体制の充実を目指し進んでいるのに実際はこのような状況に残念と思った。

そして医療体制の充実や学生支援など、大勢の部署がこの事にはかかわっているが指摘し合わない、疑問に思わない、非常に残念な体制にガックリとした。

 さらに後日、この貸与条例を現在、利用している方は何名ですかと聞くと2名だという回答でまた、残念に感じた。

○常に市は、地元の南魚沼市出身の医師・看護師・教職員などの育成に力をいれ、学生たちにも、そういう進路に進んで、市出身の医療スタッフ不足や市出身の教職員が増えてほしいという思いを話しているが、市長・副市長・教育長などトップが口で言っているだけで職員は、その意図を汲んでいないのではないか。職員との意思疎通をしっかりしているか?

○職員と意思疎通をシッカリしているというのなら、何故、今回のような事例がおきているのか?

○意思疎通がシッカリしていないくとも、職員一人一人が、常に市民サービスの向上を目指し、庁内で問題提起や話し合いがされていれば今回の事例は内部で改善できた事だと思う。市長はどう思う?

○現状でこの制度の問題・改善点はないか?

利用者や選択者の気持ちとなり制度の改善を常に考えなければ、看護師を含む医療従事者の確保はできない。現状から考えると、このような検証に取り組んでいないと感じるが?

 

◎教育について

○高校受験について生徒の減とはいえ一度に削減しすぎだし発表も遅い。子供達の事を考えた高校入試にするべき。

○中学の奨学金制度はないが、市内でも大勢の方が他市の中高一貫校や全寮制の学校に行っている。一定の条件を決めて中学生まで奨学金を対象としたらどうか?

 

◎全天候型子供広場について

○10月の市議選でも多くの議員が全天候型子供広場の設置を公約にあげていた。現時点での考えを伺う。場所?時期は?塩沢公民館や市民会館の図書館スペースは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »